「初雁だより」:川越初雁高等学校の最新情報をお伝えします

2017年6月の記事一覧

未来を拓く「学び」プロジェクト 公開授業

6/20(火)5・6限 未来を拓く「学び」プロジェクトの公開研究授業がありました。

本校の、河津謙太郞教諭と佐藤美友貴教諭が授業を実施しました。

5時間目には佐藤教諭が3-1にて、『アメリカのパリ協定離脱にどのような意見・提案をするか?』というテーマで授業が行われました。生徒達もグループに分かれてお互いに意見を出し合い、良いディスカッションが繰り広げられていました。特に最後の発表の場面では、グループで話し合いをしてまとめて全体で発表する場面もあり、良い意見交換ができていたようです。

 

6時間目には、河津教諭による世界史Bで『ビザンツ帝国の繁栄は何をもたらしたか?』というテーマで授業が行われました。ICTを活用した授業で、生徒も一人一台PCを持ち、グループに分かれて話し合いをし理解を深め合っていました。生徒も身を乗り出し、お互いの考えを交換している姿が印象的でした。

 

0

6月23日 LHR・総学

6月23日、5・6時間目のLHR・総学の時間では、各学年ごとに様々な行事が行われました。

1年生は、保健講話として、近くの川越南文化会館にて、学校歯科医の先生をお招きし、喫煙のもたらす影響について講義を行って頂きました。


2年生は、企業の方に来校して頂き、進路に関する講話や分科会を開きました。5時間目は、マネープランに関する講話を頂き、6時間目には個人の進路希望に合わせた分科会を行いました。


3年生は、面接指導を行いました。面接指導の講師として、専門学校や大学の職員の方にお越し頂き、具体的なアドバイスを受けました。


一学期も終わりに近づき、特に3年生は将来の進路に向けて本格的に動き出しています。
一人一人の目標が達成できるよう、川越初雁高校一丸となって頑張っていきます。
0

体育祭

6月8日(木)、第35回体育祭が川越特別支援学校川越たかしな分校と合同で行われました。

曇りで時々雨も見られる空模様でしたが、概ね晴天の中で行うことが出来ました。

個人競技では、100m、200m、1000m、1500mの決勝があり、スタート前の生徒達の表情から緊張感と胸の高まりを感じました。みな真剣に走っている姿が印象的で、応援の声もグランドに響き渡っていました。
団体種目では、クラス対抗リレー、綱引き、大縄跳びの他、「eating ドーナッツで二人三脚」などの学年競技がありました。どのクラスも仲間と団結し、共に力を出し合っていました。
「部活対抗リレー」ではそれぞれの部活動が、ユニフォームを着たり道具などを持ったりして走り、部活ごとのオリジナリティ表れていました
最終種目の女子900mリレー、男子1200mリレーでは応援も最高潮に達し、選手は最後の力を振りしぼって走っていました

体育祭を通して、クラスの仲はより一層深まったように感じています。二学期にひかえている文化祭も盛り上がることを楽しみにしています。

選手宣誓 円陣を組んで

 バトンパス
0

体育祭予行、予選

6月7日(水)、体育祭の予行と予選が行われました。具体的には、開会式・閉会式予行、100m及び200m走・綱引き予選がありました。決勝進出した生徒と明日の種目に出場する生徒のみなさんの姿をみるのがとても楽しみです。また、今年度の体育祭から開会式で校歌を歌います。大きな声で歌われる校歌も楽しみにしています。
選手宣誓 開会式での生徒の様子
100m, 200m走 綱引き
0

生徒総会

6月2日に生徒総会が行われました。

議長団のスムーズな進行のもと、生徒会、評議委員、各委員会の委員長が壇上に立ち、7号まである議題について説明を行いました。
生徒が皆真剣な表情で話し合いに参加しているのが印象的でした。

これからも、生徒一人一人が、積極的に学校づくりに参加していく事を願っています。
中間試験も終わり、クラスでは文化祭の企画の立案も始まっています。皆で川越初雁高校を盛り上げていけるよう、教員としてサポートをしていく所存です。

0