「初雁だより」:川越初雁高等学校の最新情報をお伝えします

2017年4月の記事一覧

離任式

4月28日金曜日 離任式が行われました。
御世話になった先生方の中から、7人の先生が来てくださいました。
それぞれの先生から、熱い思いに満ちたスピーチがありました。



遠藤先生 現在、研修で民間の会社にいる。この会社は川越初雁高校と同じく、新しいことに挑戦しようという雰囲気がある。これからも皆は、新しいことに挑戦し、変わっていこうという気持ちを持ち、仲間と励ましあって欲しい。

松野先生 自分を勇気付けてくれるうたがある。「すべての山に登れ」という日本語訳。皆さんも大きな山に登っている。登り疲れている友がいたら、声をかけて欲しい。そして、一生の友をみつけて欲しい。登らないと見えないこともある。自分の力を試して欲しい。

中村(友)先生 (自らの中学時代や、高校に遅く入学した話や、教員になった話などをして、)回り道をしているようだが、自分では後悔していない。それは全部自分で決めてきたことだから。これからの人生で決断するときがきたら、自分で決めて欲しい。あきらめずにやっていけばきっとうまくいく。

山田(真)先生 やり直しの利く初雁生だから頑張れ。チャンスに強くなれ。「棚からぼた餅」は、棚の下にいないと餅は得られない。縁を大切に。最後に数学、自分の思った数に+34、×2、+10、÷2、自分の思った数を引く。それが今の気持ち。

渡辺(大)先生 初雁は私にとって初めてがたくさん詰まった学校。また現在の高校はスポーツがとても盛ん。誰でも母校は一つ。母校でかけがえのない人に出会って欲しい。私ももっと頑張るから、君たちももっと頑張れ。

塚原先生 「先生のおかげでいい点がとれました」と言われた。でもそれは「君が頑張ったから」。例え、いい先生がそろっていても、自分で頑張らなくては点がとれないもの。自分の人生を変えるのは自分。

山下先生 人間は間違いをおかすもの。間違った時は絶対にごまかさずに正直にいいなさい。自分の可能性を信じなくなったらその人は終わり。「答えが分からないんじゃない。答え方が分からないだけ」答え方を身につけること。


0

ノーチャイムデー

4月24日、25日はノーチャイムデーです。
時間を常に意識し、自ら行動できるようになることが目的です。
授業の開始や終了のチャイムを鳴らさない2日間です。

ノーチャイムデーを行事に組み込んでから、3年目となりますが、
生徒はチャイムが鳴らなくても、しっかりと行動できるようになってきています。
このノーチャイムデーは、各学期に数日ずつ設定されています。

授業開始直前の廊下です
0

非行防止教室

4月13日、4時間目、体育館にて非行防止教室が行われました。
埼玉県警の非行防止班「あおぞら」の方を講師としてお招きし、実話に基づいた講演などがありました。

危険ドラッグやアルコールの危険性について、
身近な例を用い分かりやすく説明して下さいました。

また、SNSを利用した犯罪も増えてきているようで、
どのようにSNSを利用しすべきか等、
生徒にとってSNSの危険性についても再認識する機会になりました。

今後、生徒達が巻き込まれないためにも、
教員一同、生徒達をしっかりと見守っていきたいと思います。
 
0

新入生歓迎会・部活動紹介

新年度が始まり3日目の4月12日は、新入生歓迎会、部活動紹介がありました。

新入生歓迎会は、生徒会が進行を行い、歓迎のスライド、ムービー上映、アイスブレイクの催しで新入生を楽しませました。


体育館へ続く廊下には、満開の桜が!
体育館後方でも、羽ばたく鳥の壁飾りが新入生を出迎えます。


会の冒頭で新入生歓迎のスライドが流れた後は、川越初雁の(非公式)キャラクター、はちゅかりんが、校舎内を案内するムービーです。

アイスブレイクの様子です。
クラス対抗のゲーム二つを、生徒同士が力を合わせてこなすことで、団結力も高まった様子でした。


アイスブレイク最後のゲームは、マルバツゲームです。
川越初雁高校に関するクイズが出題され、最後まで残った生徒には、景品として食堂の唐揚げ引換券がプレゼントされました。


午後は、部活動紹介があり、それぞれの部活が熱意のこもった勧誘を行いました。


週末には、新入生も部活を決めて本入部となります。
学年を越えた繋がりの中、一致団結して目標に向かって挑戦することで、生徒が大きく成長することを教職員一同願っています。
0

対面式がありました

新年度が始まって二日目の昨日は、「対面式」がありました。
「対面式」は、在校生と新入生が一堂に会し、初めて顔を合わせる場です。



教頭先生のお話の後、在校生代表である生徒会長が、歓迎の言葉を述べました。

続いて、新入生代表の挨拶です。




校歌は在校生が新入生に披露しました。
その後、埼玉県川越特別支援学校、川越たかしな分校を迎えての対面式と行いました。

今年度も、全校生徒が一丸となって、川越初雁高校を盛り上げていくことを期待しています。
また同じ校舎を使う、川越たかしな分校生徒との交流も深めていきます。

0