「初雁だより」:川越初雁高等学校の最新情報をお伝えします

2016年11月の記事一覧

校内研修 質の高い学校教育推進

11月24日(木)に、全国高等学校進路指導協議会事務局長で東京都立晴海総合高等学校キャリアカウンセラー千葉吉裕先生を講師として招き、教職員対象の校内研修「質の高い学校教育推進」が行われました。テーマは「現役高校生に迫る危機~2020年問題を考える~」でした。今後の教育活動に参考になる内容で、非常に充実していました。
 
0

「学び」プロジェクト公開授業

11月22日(火)に「学び」プロジェクト公開授業が行われました。具体的には、世界史B・体育・フードデザイン・数学Ⅲの授業において、知識構成ジグソー法を用いた協調学習を行いました。どの授業でも、生徒同士がグループ内で積極的に発言する様子が見られました。また、前に出て、生徒が発表する光景も見られました。
 
   

0

剣道部 個人県5位の活躍

11月14日に行われた平成28年度埼玉県剣道大会において、剣道部部長である塚越君が第5位で敢闘賞を受賞しました。
「今後も稽古を重ね、川越初雁高校剣道部として、さらにレベルをあげていきます。応援よろしくお願いします。」顧問:小針
 
0

3年社会人教育・2年進路別バス見学事前指導

11月18日金曜日午後、3年生は「社会人教育」を行いました。
今回は、川越市労働法出前セミナーということで『これだけは知っておこうポイント労働法~社会に出る皆さんへ~』と題し、埼玉県社会保険労務士会川越支部 特定社会保険労務士の岡島千秋さんから講話をしていただきました。
社会に出る直前の3年生は、労働法の視点からの話を、皆真剣に聞いていました。


↑講話の様子

↑配られた冊子

また同じ時間帯に2年生は、翌週にひかえた進路別バス見学の事前指導を行いました。
2年生は来週の25日金曜日に、それぞれ希望する分野に分かれ、大学・短大・専門学校・就職・自動車・看護などの目的別のバスに分乗し、学校や企業を見学します。それによって進路意識を高め、進路決定の一助とします。
0

たかしな分校生徒によるパン販売

本校内には、埼玉県立川越特別支援学校川越たかしな分校(以下「たかしな分校」)が併設されています。
11月17日木曜日、そのたかしな分校の生徒と本校生徒との交流として、たかしな分校の生徒によるパン販売『たかしなベーカリーパン販売』が行われました。今回の対象は本校2年の生徒です。
3階に設置された特設販売所には、多くの2年生が買いに訪れ、用意されたパン(1個40円)はあっという間に減っていきました。
本校生とたかしな分校生はお互いに声をかけたりしながら、交流を深めました。
購入して食べた本校生からは「とてもおいしい!」「外がサクッとしていて中はモチっとしていておいしい」「しっかり味がついている」などの声が聞かれ、大変好評でした。
パン製造については、たかしな分校の食品加工班が、毎週火曜と木曜に選択授業で様々なパンなどを作って、たかしな分校内で販売をしているものです。
0