「初雁だより」:川越初雁高等学校の最新情報をお伝えします

2020年12月の記事一覧

令和2年度 対面式・第2学期終業式・第38期生徒会認証式

12/24(木)に対面式・第2学期終業式・生徒会認証式を行いました。

1・2年生は体育館、3年生は柔道場で行ったり、1mの間隔をあけるなどの

コロナウイルス感染拡大防止対策を実施しました。

柔道場にはリモートで体育館をライブ中継しました。

リモート中継

まずはじめに、対面式を行いました。

年度初めに行う予定でしたが、コロナウイルスの影響もあり実施が難しい状況が続いた中で、

ようやく1年生と上級生全員が顔を合わせることができました。

 対面式

続いて第2学期終業式を行いました。

校長先生からは

「初雁生は立派だ!君たちには力がある!」「目標を持って積極的に日々を過ごすこと」

「冬休みはコロナ感染防止の対策をしましょう」

という内容のお話がありました。

校長先生の話

生徒指導主任からは、

「ハインリッヒの法則の紹介」「まじめで正しい自分であること」「登下校の道は端に寄ること」

という内容のお話がありました。

生徒指導主任の話

進路指導主任からは

「人に語れるものが作れる高校生活を送ってほしい」「自分自身をつくるのは『自分の時間の使い方』」

という内容のお話がありました。

進路指導主任の話

最後に第38期生徒会認証式を行いました。

新生徒会長の2年2組近藤逸朝を筆頭に総勢17名の新生徒会役員が

校長先生から認証状を授与されました。

川越初雁高校のさらなる発展のため全力で臨むという意気込みが感じられました。

第38期生徒会認証式

コロナ禍で学校行事も縮小しながら行った2学期でしたが、

生徒は無事に元気よく学校生活を送りました。

冬季休業中も感染対策に十分に留意しながら安全に過ごし、

また元気な姿で3学期に会えることを期待します。

令和2年度 避難訓練

12/22(火)に避難訓練を実施しました。

今回は火災を想定した訓練を行いました。

生徒一人ひとりが自分の命や他の命を守る意識を持ち、真剣に取り組んでいました。

避難後の様子 

今朝も盛岡で震度5弱の地震が発生するなど、いつ災害が起こるかわからない状況です。

そのような中でも、自他の命を守ることができる生徒に育てるため、

教職員一丸となって生徒を指導・支援していきます。

2学年修学旅行3日目

今日は午前はアメリカンビレッジに行きました。

クリスマス仕様の店の壁・装飾品・机やイスが多くあり、とても美しかったです。

 

午後は国際通りに移動して2時間半の班別行動でした。

それぞれの班で決めた店で昼食をとり、その後散策を楽しみました。

 

帰りの飛行機に乗り、さきほど無事に羽田空港に到着しました。

まもなくバスに乗り、それぞれ川越・本川越・朝霞台に帰ります。

 

様々な人たちのサポートと、それに応えようとする生徒たちの行動のおかげで、大きな問題や事故など無くここまでの全行程を終えることができました。

2年生の生徒の皆さん、3日間本当にお疲れ様でした。

家に着くまで気をつけて帰りましょう。

1学年球技大会

12月18日(金)、1学年球技大会を行いました。

男子はサッカー、女子はバレーボールを行いました。

天候にも恵まれ、各クラス協力して競技に参加していました。

ボールを生き生きと追いかける姿が印象的でした。

今年は様々な行事が中止・延期を余儀なくされてしまいましたが、生徒たちは貴重な行事を精一杯楽しんでいました。

     

2学年修学旅行2日目

午前と午後に分かれてそれぞれ、マリン体験と美ら海水族館を楽しみました。

マリン体験では、シュノーケルで沖縄の自然を体感し、色彩に富んだ熱帯魚を近くで見ました。

また、マリンジェットでは風を感じながら、青い海を満喫しました。

 

陸上での体験を行った生徒は、貝殻を用いたフォトフレーム作りを行い、素敵な作品を作り上げました。

 

美ら海水族館のある海洋博公園では、大きな水槽の中で悠々と泳ぐジンベイザメやマンタを見て圧倒されました。

生徒たちは班別で水族館を見て回り、大いに楽しみました。

 

明日はいよいよ最終日です。最後まで気を抜かずに頑張りましょう。