「初雁だより」:川越初雁高等学校の最新情報をお伝えします

2020年11月の記事一覧

一学年 保健講話

一学年では、11/26木曜日の5.6限を利用して、「保健講話」を行いました。
講師に本校学校医(歯科)の北川純先生をお迎えし、『喫煙がもたらす本当の話 ~タバコはお金を払って寿命を縮める死向品~』を演題とした講演をしていただきました。

生徒からの感想アンケートには「講話を聞いて、やっぱりタバコは怖いと思いました。依存症になったらやめたくてもやめれらなくことが怖いからです」「タバコの怖さが分かった。何があっても吸わないようにしたい」などが書かれていました。

(今後も本校では生徒に対し、保健衛生の面からも指導を継続していきます。)

3学年遠足

11/20(金)、3学年は「八景島シーパラダイス」へ遠足に行きました。

①企業としての感染対策や集客方法などの企業努力を学ぶ。

②班別行動を通して規律ある態度と協調性を養う。

の2点を目的とし実施しました。

今年度は6月からスタートし、コロナ禍の中で常に緊張感のある学校生活でしたが、

本日は生徒の笑顔があふれる良い日となりました。

1組2組

3組4組

5組6組

一学年 遠足

11月20日金曜日、一学年は「富士急ハイランド」へ遠足へ行きました。
直前の学年集会では「ルールを守る」「勉強してくる」「楽しんでくる」の3つを学年主任から話しました。
特に「勉強してくる」については、富士急ハイランドの「コロナ対策」と「世界一」について、取材をし、事後に新聞を作成することになっています。
当日は雨の予報もありましたが、なんとか雨もパラつく程度で済み、一部強風で運行できない絶叫アトラクションがあったものの、なんとか「楽しんでくる」ことはできたと思います。
班行動では、絶叫系アトラクションに長時間並んで乗ってきた班、非絶叫系アトラクションをいくつも乗ってきた班など様々でした。「地域共通クーポン」の消費を考えるのも一つの「勉強」でした。
クラス混合のバスにて他のクラスの生徒との交流を持ったり、顔認証の最新設備を体験したり、生徒は限られた時間内で「ルールを守り」ながら、1学期には出来なかった行事を楽しんできた様子でした。(一学年主任 福岡)

 

 

一学年、主権者教育

11月19日木曜日、1学年では「主権者教育」を行いました。
まず、埼玉県選挙管理委員会の篠澤竹也様の講義で、選挙の仕組みなどについて学びました。
次に、教員が市長の立候補者に扮して、選挙演説を行った後、模擬投票を行いました。
模擬投票では、川越市選挙管理委員会の御協力を得て、実際の選挙で使われる投票箱や用紙の記入台をお借りしました。投票用紙も、実際の選挙で使われる箱の中で開く特殊な用紙や、投票用紙の自動発行機も使用しました。
また、選挙管理委員会の方のご好意により、1組の先頭の投票者2名は、「投票箱の中が空になっていることの証人」としての体験もしました。
模擬投票の後、本校の選挙管理委員によって、開票作業を行いました。開票の様子は、教室にもネット経由で中継されました。自動で用紙の数を数える機械も体験しました。
生徒は、数年後に選挙権年齢となる前に、改めて主権者になる自覚を得た様子でした。  

 

 

 

第3学年社会人教育②

11/19(木)に3学年を対象とした社会人教育を行いました。

先週に引き続き2回目の社会人教育となります。

講師として、社会保険労務士の薄井美布様を講師としてお招きし、

労働法についての講演をしていただきました。

講演の様子①

労働基準法についてのイメージ動画やワークシートなどを用いた講演で、

大変わかりやすく労働法について学ぶことができました。

3年生からは

「就職したときに、必ず契約書を確認する。」「不当な扱いを受けないよう正しい知識を知れてよかった。」

などの声があがりました。

講演の様子②