PTA・後援会から

2014年10月の記事一覧

埼玉県高等学校PTA連合会西部地区役員等研修会

 10月19日(日)・20日(月)の1泊2日で、埼玉県高等学校PTA連合会西部地区役員等研修会が開催されました。
 本校からは、校長、石守PTA会長、阿武・定森PTA副会長の4名が参加しました。今回の研修テーマは、「家庭・地域・学校が一体となった教育~高校生を取り巻く様々な課題の解決に向けて~」として、研究協議等を実施しました。
 第1日目は、バス内で、各学校から事前に提出されたレポートを元に活動状況の報告が行われました。どの学校もおおむね同様な取組が行われていますが、活動活性化のためのヒントを得ることができました。次に、山梨リニア見学センターで、本格着工が話題となっているリニアモーターカーを見学しました。昼食の後、石和温泉宿舎内で、4部会からの発表を元に、研究協議会を行い、山梨県立大学吉田均教授から『大学における教育改革の現状と課題』という演題での講演をいただきました。山梨県立大学国際政策学部国際コミュニケーション学科では、NHK朝ドラ「花子とアン」を通じた新たな観光教育を試みているそうです。学生が実社会とのかかわりを通して学ぶ「アクティブラーニング」の実践は、高等学校でも、広がりつつある教育手法です。参考にしたいと存じます。
 第2日は、山梨県立大学の2つのキャンパスを見学しました。公立大学も生き残りをかけ、積極的な戦略に出ていることを目の当たりにしました。昼食は河口湖畔で、「ほうとう」をいただいた後、忍野八海を見学しました。景色以上に驚かされたのは、富士山がユネスコの「世界自然遺産」登録されたことにより、海外からのたくさんの観光客がおみえになっていることです。グローバル化も実感した見学でした。帰路は順調に進み、午後5時予定通り、無事川越駅西口に帰着、解散しました。ありがとうございました。
 【左側:リニア見学館  右側:山梨県立大学】

第26回川越市内高等学校PTA・後援会親善スポーツ大会

 10月18日(土)、午前10時から、第26回川越市内高等学校PTA・後援会親善スポーツ大会を、本校グランドで開催しました。
 本部・保健体育委員会を中心に、幹事校として、お昼をまとめて注文する形を取り入れるなど、御来校下さる皆様に、ゆったりゲームを楽しみ、親善を深めていただきたいと「おもてなしの心」で準備・運営いたしました。
 天候に恵まれ、けが一つなく、無事終了することができましたのも、参加校の皆様の御協力あればこそです。ありがとうございました。
 本校の試合結果としては、1回戦敗退でしたが、川越初雁高校PTA・後援会と川越たかしな分校の先生方にもお手伝いいただき、和気あいあいとした、素晴らしいチームでした。対戦した、川越総合高校・県立川越高校の皆様とも交流を深めることができました。重ねて御礼申し上げます。
 
 

PTAオリジナルキャップ完成

 10月18日(土)午前10時から、本校を会場に第26回川越市内高等学校PTA・後援会親善スポーツ大会が開催されます。
 本校PTA・後援会からは、65人もの選手・役員が参加する予定です。御協力ありがとうございます。昨年度完成したPTAポロシャツに続き、今年度PTAオリジナルキャップも完成しました。当日、全員分は用意できませんでしたが、それぞれ30着・個ありますので、試合に参加する選手を中心に御活用ください。「Team Hatsukari」優勝目指して頑張りましょう!