ブログ

令和3年度学校総合体育大会(ソフトボール競技)西部地区予選突破 県大会出場

 4月20日(火)、令和3年度学校総合体育大会西部地区予選2日目が行われました。

Cブロックは川越初雁高校・入間向陽高校・西部合同チーム3の3校で戦いました。

 

 初戦の相手は入間向陽高校。初雁高校は積極的な走塁を武器に、5回を除く毎回得点で計10点を挙げました。守備ではミスもありましたが、お互いにカバーし合ってピンチを乗り切りました。その結果、3-10の6回コールド勝ちで初戦を勝利することができました。

 

 続く2戦目の相手は西部合同チーム3。初回、先頭打者のランニングホームランで勢いに乗った初雁打線。初回に9点、2回に2点を加えました。守りは3回を9人で抑え、結果は3-11となり3回コールド勝ちで試合を終えました。

  

 2戦2勝となった初雁高校は県大会への出場権を獲得しました。昨年秋に続く2大会連続の県大会出場となります。応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。昨年秋の県大会では悔しい結果となってしまいました。今度こそ目標である県ベスト4を達成できるように、チーム一丸となって戦います。引き続き応援よろしくお願いいたします。