ブログ

令和4年度埼玉県高体連西部支部大会 第5位

8月17日(水)、22日(月)~24日(水)の4日間にわたって令和4年度埼玉県高体連西部支部大会が行われました。予選リーグCブロックは川越初雁高校・山村学園高校・合同チーム1(所沢北・川越西・所沢商業)・合同チーム3(志木・新座総合)の4校で戦いました。

初日は合同チーム3との対戦。初回から2点、3回にも2点を失う苦しい展開でしたが、後半は初雁打線が爆発し、10得点。最後は10-5となり、逆転勝利で初戦を突破しました。

2日目の初戦は山村学園高校との対戦。力及ばず0-10で敗戦。悔しさを胸に挑んだ2戦目の相手は合同チーム1。積極的な打撃と走塁で、チーム一丸となって戦いました。結果は14-4の3回コールド勝ち。ブロック2位となり、3日目の決勝トーナメントへの出場を決めました。

3日目、決勝トーナメント初戦は秋草学園高校との対戦。初雁高校は初回の秋草打線を3人で抑える好調の立ち上がりでした。しかし、打線が振るわず無得点。それでも最後まで諦めずに戦いました。残念ながら結果は0-10で敗戦となりました。決勝トーナメント2戦目の相手は所沢西高校。所沢西高校に1点を先制されるも、すぐに3点を取り返し逆転。ホームラン2本を含む猛攻撃で最後まで攻撃の手を緩めませんでした。結果は17-7で4回コールド勝ち。最終戦に向けて良い流れを作ることができました。

4日目は5位決定戦。今大会最後の相手となる坂戸高校に、すべてをぶつける気持ちで挑みました。初雁高校は立ち上がりに苦しみ、先制を許します。それでも2回にはタイムリーヒットで同点。その後2点を失い、4回終了時には1-3と追いかける展開に。5回の表を0点に抑えた裏の攻撃。9番のツーベースヒットから始まり、バントやヒット、盗塁など様々な攻撃で打線を繋ぎ、5得点。最終回もチームで助け合いながら戦い、最後のスコアは6-4。全員で掴んだ逆転勝利でした。

4日間で6試合。4勝2敗で西部地区5位という結果を残すことができました。応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。初雁高校ソフトボール部は8人という少ない人数ですが、「完全燃焼」をチームの目標に掲げて全力で戦っています。秋の県大会に向け、引き続き応援よろしくお願いいたします。

 

R4西部支部①R4西部支部②

R4西部支部③R4西部支部④