「初雁だより」:川越初雁高等学校の最新情報をお伝えします

令和2年度 未来を拓く「学び」プロジェクトの公開授業

11/18(水)に本校の地歴科矢野教諭、英語科青鹿教諭、理科髙橋教諭の3名による

『未来を拓く「学び」プロジェクトの公開授業』を行いました。

1年3組、2年3組、3年6組の生徒を対象とし、ジグソー法を活用した協調学習を実施しました。

ジグソー法の導入・説明

1学年は英語、2学年は生物、3学年は日本史をそれぞれのエキスパート活動で学びました。

学年や教科の枠を超えて

「コロナ禍でも世界中の人が幸せになるために大切なことは何か?」

というテーマについて、それぞれの視点からの考えを伝えあっていました。

 クロストークの様子① クロストークの様子②

クロストークの様子③ クロストークの様子④

クロストークの様子⑤ クロストークの様子⑥

生徒たちは、それぞれのエキスパートの意見をすり合わせ

「科学的に正しい情報を選択することが大切だと思った。」

「差別は恐怖から生まれるものだとわかったので、正しく安全な行動をし、差別をなくしていきたい。」

 とまとめていました。

意見の発表① 意見の発表②