「初雁だより」:川越初雁高等学校の最新情報をお伝えします

第38回体育祭

11/6(金)、肌寒い空の下、体育委員長秋山くんの選手宣誓が静寂のグラウンドに響き渡り、

第38回体育祭が開催されました。

選手宣誓

今年度は、新型コロナウイルスの影響で全体での文化祭が開催できないこともあり、

各クラスがTシャツ・旗を作成して体育祭に臨みました。

また、マスクの着用や1mの間隔をあけるなどの感染症感染拡大防止対策に十分に留意して行いました。

クラスTシャツ、クラス旗

オープニング競技『送ってくぐって レッツゴーHATSUKARI!』を皮切りに、

100m走や綱引き、リレー、8の字跳びなどの各種目で、

熱い闘いを繰り広げ、熱い声援で盛り上がりをみせてくれました。

3年生は3年間の集大成を存分に発揮しており、素晴らしいパフォーマンスでした。

 100m走 綱引き

クラス対抗リレースタートの瞬間 8の字跳び

また、教員団も「#教員しか勝たん」をスローガンに、

綱引き、900mリレー、1200mリレーの3種目に出場し、

生徒と互角以上に張り合えるよう全力で走り、競い合いました。

教員団綱引き 教員団リレー

今年度は感染症感染拡大防止対策により実施できる種目の工夫が求められる中、

生徒会が『尻尾を奪って ルンルンルン』を考案してくれました。

この競技中、生徒は真剣な表情で尻尾を奪い合っていました。

自分の尻尾を守り、他人の尻尾を奪う。確かな運動能力の高さがありました。

『尻尾を奪ってルンルンルン』女子 『尻尾を奪ってルンルンルン』男子

無事にすべての競技が終わり、運命の結果発表

今年度、栄冠を手にしたのは「1-1、2-4、3-3」でした。

優勝したクラスの生徒は満面の笑みで喜びを分かち合っていました。

優勝トロフィー授与 3-3集合写真

新型コロナウイルスの影響、肌寒い時期での開催など例年とは違った体育祭となりましたが、

生徒・教員の熱気でコロナにも寒さにも打ち勝つ良い体育祭となりました。