「初雁だより」:川越初雁高等学校の最新情報をお伝えします

令和2年度 初雁だより

第3学年社会人教育②

11/19(木)に3学年を対象とした社会人教育を行いました。

先週に引き続き2回目の社会人教育となります。

講師として、社会保険労務士の薄井美布様を講師としてお招きし、

労働法についての講演をしていただきました。

講演の様子①

労働基準法についてのイメージ動画やワークシートなどを用いた講演で、

大変わかりやすく労働法について学ぶことができました。

3年生からは

「就職したときに、必ず契約書を確認する。」「不当な扱いを受けないよう正しい知識を知れてよかった。」

などの声があがりました。

講演の様子②

令和2年度 未来を拓く「学び」プロジェクトの公開授業

11/18(水)に本校の地歴科矢野教諭、英語科青鹿教諭、理科髙橋教諭の3名による

『未来を拓く「学び」プロジェクトの公開授業』を行いました。

1年3組、2年3組、3年6組の生徒を対象とし、ジグソー法を活用した協調学習を実施しました。

ジグソー法の導入・説明

1学年は英語、2学年は生物、3学年は日本史をそれぞれのエキスパート活動で学びました。

学年や教科の枠を超えて

「コロナ禍でも世界中の人が幸せになるために大切なことは何か?」

というテーマについて、それぞれの視点からの考えを伝えあっていました。

 クロストークの様子① クロストークの様子②

クロストークの様子③ クロストークの様子④

クロストークの様子⑤ クロストークの様子⑥

生徒たちは、それぞれのエキスパートの意見をすり合わせ

「科学的に正しい情報を選択することが大切だと思った。」

「差別は恐怖から生まれるものだとわかったので、正しく安全な行動をし、差別をなくしていきたい。」

 とまとめていました。

意見の発表① 意見の発表②

高階地区あいさつ運動展

高階地区の「あいさつ運動」の取り組みを紹介する展示会が、

11月13日より24日まで「高階市民センター」で開催されました。

川越初雁高校は川越市立高階西小学校、川越市立砂中学校とともに、この展示会に参加しています。

ぜひ高階市民センターにお立ち寄りの上、ご覧ください!

あいさつ活動 展示

第3学年社会人教育①

11/12(木)に3学年を対象とした社会人教育を実施しました。

講師として、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の陸井菜津子様をお招きし、

ローン・クレジット、金融トラブル、カードトラブルについての講演をしていただきました。

講演の様子①

これから社会人となる3年生にとって、すぐに直面するような内容でした。

3年生からは「今日学んだことを覚えておき、正しく利用したい。」と声があがりました。

講演の様子②

第38回体育祭

11/6(金)、肌寒い空の下、体育委員長秋山くんの選手宣誓が静寂のグラウンドに響き渡り、

第38回体育祭が開催されました。

選手宣誓

今年度は、新型コロナウイルスの影響で全体での文化祭が開催できないこともあり、

各クラスがTシャツ・旗を作成して体育祭に臨みました。

また、マスクの着用や1mの間隔をあけるなどの感染症感染拡大防止対策に十分に留意して行いました。

クラスTシャツ、クラス旗

オープニング競技『送ってくぐって レッツゴーHATSUKARI!』を皮切りに、

100m走や綱引き、リレー、8の字跳びなどの各種目で、

熱い闘いを繰り広げ、熱い声援で盛り上がりをみせてくれました。

3年生は3年間の集大成を存分に発揮しており、素晴らしいパフォーマンスでした。

 100m走 綱引き

クラス対抗リレースタートの瞬間 8の字跳び

また、教員団も「#教員しか勝たん」をスローガンに、

綱引き、900mリレー、1200mリレーの3種目に出場し、

生徒と互角以上に張り合えるよう全力で走り、競い合いました。

教員団綱引き 教員団リレー

今年度は感染症感染拡大防止対策により実施できる種目の工夫が求められる中、

生徒会が『尻尾を奪って ルンルンルン』を考案してくれました。

この競技中、生徒は真剣な表情で尻尾を奪い合っていました。

自分の尻尾を守り、他人の尻尾を奪う。確かな運動能力の高さがありました。

『尻尾を奪ってルンルンルン』女子 『尻尾を奪ってルンルンルン』男子

無事にすべての競技が終わり、運命の結果発表

今年度、栄冠を手にしたのは「1-1、2-4、3-3」でした。

優勝したクラスの生徒は満面の笑みで喜びを分かち合っていました。

優勝トロフィー授与 3-3集合写真

新型コロナウイルスの影響、肌寒い時期での開催など例年とは違った体育祭となりましたが、

生徒・教員の熱気でコロナにも寒さにも打ち勝つ良い体育祭となりました。