「初雁だより」:川越初雁高等学校の最新情報をお伝えします

カテゴリ:今日の出来事

新入生歓迎会・部活動紹介

新年度が始まり3日目の4月12日は、新入生歓迎会、部活動紹介がありました。

新入生歓迎会は、生徒会が進行を行い、歓迎のスライド、ムービー上映、アイスブレイクの催しで新入生を楽しませました。


体育館へ続く廊下には、満開の桜が!
体育館後方でも、羽ばたく鳥の壁飾りが新入生を出迎えます。


会の冒頭で新入生歓迎のスライドが流れた後は、川越初雁の(非公式)キャラクター、はちゅかりんが、校舎内を案内するムービーです。

アイスブレイクの様子です。
クラス対抗のゲーム二つを、生徒同士が力を合わせてこなすことで、団結力も高まった様子でした。


アイスブレイク最後のゲームは、マルバツゲームです。
川越初雁高校に関するクイズが出題され、最後まで残った生徒には、景品として食堂の唐揚げ引換券がプレゼントされました。


午後は、部活動紹介があり、それぞれの部活が熱意のこもった勧誘を行いました。


週末には、新入生も部活を決めて本入部となります。
学年を越えた繋がりの中、一致団結して目標に向かって挑戦することで、生徒が大きく成長することを教職員一同願っています。
0

対面式がありました

新年度が始まって二日目の昨日は、「対面式」がありました。
「対面式」は、在校生と新入生が一堂に会し、初めて顔を合わせる場です。



教頭先生のお話の後、在校生代表である生徒会長が、歓迎の言葉を述べました。

続いて、新入生代表の挨拶です。




校歌は在校生が新入生に披露しました。
その後、埼玉県川越特別支援学校、川越たかしな分校を迎えての対面式と行いました。

今年度も、全校生徒が一丸となって、川越初雁高校を盛り上げていくことを期待しています。
また同じ校舎を使う、川越たかしな分校生徒との交流も深めていきます。

0

初雁祭 2日目(一般公開)

本日は、初雁祭2日目で一般の方々に向けた公開日でした。近所の方々や卒業生、小中高生など、1059名の方々に御来校いただき、ここ最近では最高の来場者数となりました。各教室にはお客さんの列が途切れず、体育館や視聴覚室では有志による歌やダンスの発表が行われ、熱気であふれていました。

閉祭式では、ポスターやパネル、クラスTシャツ、企画それぞれの入賞クラスが発表され、栄えある初雁大賞は、フォカッチャとティラミスを販売した36組となりました。

2日間にわたる初雁祭は大成功のうちに幕を閉じましたが、生徒会本部役員や文化祭実行委員の活躍や各クラス・部活動の協力があってのことでした。

多くの方々の御来場、ありがとうございました。来年度もぜひよろしくお願いいたします。


  
 
 

0