ブログ

令和3年度初雁だより

令和3年度 「体験入学」

 7月30日(金)に「体験入学」が行われました。

 はじめに川越南文化会館ジョイフルで全体会が行われました。全体会では吹奏楽部の演奏もありました。演奏では各楽器に見せ場があり、それぞれの音が重なり合う場面では美しいハーモニーを奏でていました。その後、部活動や高校入試・施設見学の各講座に分かれ、活動が行われました。

全体会   吹奏楽部による演奏

 部活動の講座では、各運動部の練習に中学生がまざって参加をしました。参加した中学生たちは、はじめは緊張していた様子でしたが、本校の生徒の丁寧な指導を受け、慣れるにつれ元気に活動をしていました。また活動の途中から雨に見舞われてしまいましたが、本校の生徒の臨機応変な対応によって、無事に講座を続けることができました。

野球部   バレーボール部

弓道部   卓球部 

 高校入試と施設見学の講座では、はじめに学校の概略や入試の説明を行いました。また、本校の生徒も説明を行いました。その後、学校で施設見学を行いました。

 多くの方のご参加ありがとうございました。

8月28日(土)には「部活動体験会」があります。皆様の申し込みをお待ちしております。  

 

0

第2回Hatsukari⭐︎Mirai PONTE「美容・理容分野 日本美容専門学校様による講演」

 7/12(月)に第2回Hatsukari⭐︎Mirai PONTEが行われました。
 第2回は美容・理容分野を志す生徒を対象に、日本美容専門学校から佐野先生をお招きして美容・理容分野の説明会を行いました。佐野先生からは、日本美容専門学校に進学したらどのような学校生活が過ごせるのかという具体的なお話や、日本美容専門学校の卒業生が今現在どのように活躍しているのかというリアルな様子、そして実際の専門学校選びの話まで、多岐にわたるお話と川越初雁生へ向けての温かく優しいメッセージをいただきました。

 「小学校の頃から美容師になりたい!」という強い思いを胸に秘めた2年生が説明会に参加しており、終了後に佐野先生に積極的に質問をしていました。こんなにも熱い気持ちを持った川越初雁生がいるんだなと、教員として驚きつつも嬉しく思う瞬間でした。

 在校生はこの夏、ぜひ主体的に進路選択のための情報収集を行って欲しいと思います。そして、中学3年生の生徒の皆さんは、川越初雁高校には生徒の進路を応援する様々な取り組みがあるということをぜひ知って欲しいなと思っています。

講演の様子① 講演の様子②

0

1学期終業式・表彰式

 7/20(火)に1学期終業式を実施しました。放送を活用し、生徒は各クラスで終業式に出席しました。校長講話では、夏休みは「家庭で手伝いをすること」「新型コロナウイルス感染予防対策を徹底すること」の2点がありました。生徒指導主任の話では「ルール」、「外で正しい自分」、「命は宝」をキーワードに、夏休みの過ごし方や1学期の振り返りがありました。進路指導主事の話では「未来を感じる・体感する」、「進路実現のために行動しよう」という話がありました。生徒は真剣に話を聞き、夏休みの過ごし方について見通しを持たせていました。

 校長先生、生徒指導主任、進路指導主事のそれぞれの話には、「川越初雁高校生として」さらに成長してほしいという思いが込められていました。1学期で学んだことを2学期につなげるため、正しく夏休みを過ごしましょう。そして2学期、元気に笑顔で会えることを期待します。

生徒の様子① 生徒の様子②

校長講話

  終業式のあとには、表彰式を行いました。表彰されたのは以下の生徒です。

陸上競技部の齋藤さん(西部支部大会:女子ハンマー投げ第6位)

弓道部女子の髙橋さん、渡辺さん、八木さん(川越市内大会団体優勝、個人優勝髙橋さん、個人第3位渡辺さん・県大会個人第7位)

同じく弓道部男子の牧田くん、志村くん、成瀬くん(関東大会:団体第4位)

書道部の平山さん(特選賞)、新井さん・田中さん・久我さん・野村さん・作本さん・竹之内くん(優良賞)

 素晴らしい成績を収めてくれました。今後の活躍も期待するとともに、全力で応援しています。

0

全校ジグソー

 7/16(金)に全学年を縦断したジグソー法の授業を実施しました。詳細を下記のPDFにまとめたので、ぜひご覧ください!

全校ジグソー

 全校ジグソー.pdf

 互いに学び合う・協働し合う経験の中で、一人ひとりが「学ぶ力」を発揮していました。今後も、生徒の「学ぶ力」や「協働する力」を引き出すきっかけを作り、教職員総がかりで生徒の学びを支援してまいります。

0

自己PRガイダンス

 7/15(木)に自己PRガイダンスを実施しました。本校の進路指導主事の上田教諭に講師をしていただき、「自分の長所に気づく力・わかりやすく伝える力を伸ばすきっかけ作り」を目的としました。上田教諭は国語科の視点から「リフレーミングで短所を長所に言い換える」「具体と抽象を交互に繰り返し、わかりやすく伝える」ためのテクニックを教えてくれました。生徒はこの講演を聞き、良い自己PRの仕方に『気づけた』という表情をしていました。今後も、生徒の進路実現のため、教職員総がかりで生徒の学びを支援してまいります。

自己PRガイダンス① 自己PRガイダンス②

自己PRガイダンス③ 自己PRガイダンス④

0