ブログ

令和3年度初雁だより

令和3年度 「体験入学」

 7月30日(金)に「体験入学」が行われました。

 はじめに川越南文化会館ジョイフルで全体会が行われました。全体会では吹奏楽部の演奏もありました。演奏では各楽器に見せ場があり、それぞれの音が重なり合う場面では美しいハーモニーを奏でていました。その後、部活動や高校入試・施設見学の各講座に分かれ、活動が行われました。

全体会   吹奏楽部による演奏

 部活動の講座では、各運動部の練習に中学生がまざって参加をしました。参加した中学生たちは、はじめは緊張していた様子でしたが、本校の生徒の丁寧な指導を受け、慣れるにつれ元気に活動をしていました。また活動の途中から雨に見舞われてしまいましたが、本校の生徒の臨機応変な対応によって、無事に講座を続けることができました。

野球部   バレーボール部

弓道部   卓球部 

 高校入試と施設見学の講座では、はじめに学校の概略や入試の説明を行いました。また、本校の生徒も説明を行いました。その後、学校で施設見学を行いました。

 多くの方のご参加ありがとうございました。

8月28日(土)には「部活動体験会」があります。皆様の申し込みをお待ちしております。  

 

0

第2回Hatsukari⭐︎Mirai PONTE「美容・理容分野 日本美容専門学校様による講演」

 7/12(月)に第2回Hatsukari⭐︎Mirai PONTEが行われました。
 第2回は美容・理容分野を志す生徒を対象に、日本美容専門学校から佐野先生をお招きして美容・理容分野の説明会を行いました。佐野先生からは、日本美容専門学校に進学したらどのような学校生活が過ごせるのかという具体的なお話や、日本美容専門学校の卒業生が今現在どのように活躍しているのかというリアルな様子、そして実際の専門学校選びの話まで、多岐にわたるお話と川越初雁生へ向けての温かく優しいメッセージをいただきました。

 「小学校の頃から美容師になりたい!」という強い思いを胸に秘めた2年生が説明会に参加しており、終了後に佐野先生に積極的に質問をしていました。こんなにも熱い気持ちを持った川越初雁生がいるんだなと、教員として驚きつつも嬉しく思う瞬間でした。

 在校生はこの夏、ぜひ主体的に進路選択のための情報収集を行って欲しいと思います。そして、中学3年生の生徒の皆さんは、川越初雁高校には生徒の進路を応援する様々な取り組みがあるということをぜひ知って欲しいなと思っています。

講演の様子① 講演の様子②

0

1学期終業式・表彰式

 7/20(火)に1学期終業式を実施しました。放送を活用し、生徒は各クラスで終業式に出席しました。校長講話では、夏休みは「家庭で手伝いをすること」「新型コロナウイルス感染予防対策を徹底すること」の2点がありました。生徒指導主任の話では「ルール」、「外で正しい自分」、「命は宝」をキーワードに、夏休みの過ごし方や1学期の振り返りがありました。進路指導主事の話では「未来を感じる・体感する」、「進路実現のために行動しよう」という話がありました。生徒は真剣に話を聞き、夏休みの過ごし方について見通しを持たせていました。

 校長先生、生徒指導主任、進路指導主事のそれぞれの話には、「川越初雁高校生として」さらに成長してほしいという思いが込められていました。1学期で学んだことを2学期につなげるため、正しく夏休みを過ごしましょう。そして2学期、元気に笑顔で会えることを期待します。

生徒の様子① 生徒の様子②

校長講話

  終業式のあとには、表彰式を行いました。表彰されたのは以下の生徒です。

陸上競技部の齋藤さん(西部支部大会:女子ハンマー投げ第6位)

弓道部女子の髙橋さん、渡辺さん、八木さん(川越市内大会団体優勝、個人優勝髙橋さん、個人第3位渡辺さん・県大会個人第7位)

同じく弓道部男子の牧田くん、志村くん、成瀬くん(関東大会:団体第4位)

書道部の平山さん(特選賞)、新井さん・田中さん・久我さん・野村さん・作本さん・竹之内くん(優良賞)

 素晴らしい成績を収めてくれました。今後の活躍も期待するとともに、全力で応援しています。

0

全校ジグソー

 7/16(金)に全学年を縦断したジグソー法の授業を実施しました。詳細を下記のPDFにまとめたので、ぜひご覧ください!

全校ジグソー

 全校ジグソー.pdf

 互いに学び合う・協働し合う経験の中で、一人ひとりが「学ぶ力」を発揮していました。今後も、生徒の「学ぶ力」や「協働する力」を引き出すきっかけを作り、教職員総がかりで生徒の学びを支援してまいります。

0

自己PRガイダンス

 7/15(木)に自己PRガイダンスを実施しました。本校の進路指導主事の上田教諭に講師をしていただき、「自分の長所に気づく力・わかりやすく伝える力を伸ばすきっかけ作り」を目的としました。上田教諭は国語科の視点から「リフレーミングで短所を長所に言い換える」「具体と抽象を交互に繰り返し、わかりやすく伝える」ためのテクニックを教えてくれました。生徒はこの講演を聞き、良い自己PRの仕方に『気づけた』という表情をしていました。今後も、生徒の進路実現のため、教職員総がかりで生徒の学びを支援してまいります。

自己PRガイダンス① 自己PRガイダンス②

自己PRガイダンス③ 自己PRガイダンス④

0

1学年ジグソー&2学年ジグソー

 7/14(水)に2学年の全生徒を対象としたジグソー法の授業を実施しました。2学年では「社会に貢献するとはどういうこと?」というテーマを設定し、各エキスパートではSDGsを踏まえた課題に対し、生徒同士で話し合いながら活動を行いました。生徒は互いに意見を交換し合いながら、各エキスパートの視点から社会貢献について考え、「自分だけ、日本だけ、人間だけが良ければいいという考えでは社会は成り立たない。SDGsの観点からみんなが豊かにすごせる社会にするための行動や判断をしていきたい。」などの答えを導いていました。

2学年ジグソー① 2学年ジグソー②

2学年ジグソー③ 2学年ジグソー

 続いて、7/15(木)に1学年の全生徒を対象としたジグソー法の授業を実施しました。1学年では「中学3年生に就職先を決める時に大切になることをアドバイスしよう」というテーマを設定しました。エキスパートAでは「ワークライフバランス」、エキスパートBでは「正規雇用と非正規雇用のメリット・デメリット」、エキスパートCでは「マネープラン『仕事と住居編』」について学びました。生徒はよく話を聞き、熱心にメモを取りながらエキスパート活動に臨んでいました。

1学年ジグソー エキスパートA

エキスパートB エキスパートC

 そして、各エキスパート活動で学んだことを持ち帰り、クラスの仲間と共有し合いながら「中学3年生に就職先を決める時に大切になることをアドバイスしよう」というテーマの答えを導いていました。クロストークでは、各クラスの代表を決め、学年全体に向けて発表しました。特に、1年6組代表は『正社員』『アルバイト』『自分の生活』『仕事』などを風船に見立て、「君はどの風船を持つ?」と問いかけていました。深く考えさせられる素晴らしい発表でした。

6組代表のポスター

ジグソー活動 ジグソー活動でまとめたポスター

リモートでのクロストーク① リモートでのクロストーク②

 それぞれ行った学年ジグソーは7/16(金)に行う「全校ジグソー」につながるテーマです。学んだこと・考えたことをうまく表現し、共有し、よりよい答えを導くことを期待します。

0

基礎力診断テスト事前学習・手帳指導

 7/13(火)の1~3限に全学年を対象とした基礎力診断テストの事前学習を行いました。ベネッセの鈴木様を講師として招き、Googleのmeetアプリを活用したオンライン形式で講演をしていただきました。

 なぜ基礎学力が必要なのか、有効な勉強法は何かなどを科学的な根拠を踏まえた講演は、生徒の勉強への意欲に火を点してくれました。その後、スマートフォンを利用し、ベネッセのClassiのログイン方法・活用方法についての説明がありました。Classiは、勉強に関する動画の視聴など学校教育のICT活用を支援するサービスです。

オンライン講演① オンライン講演②

 続いて4限に1・2学年を対象とした手帳指導を行いました。株式会社NOLTYプランナーズの木下様を講師として招き、予定や計画の立て方について講演していただきました。1・2学年では、社会人として見通しをもって行動できるようにするため、NOLTYプランナーズ社の手帳を活用しています。生徒はメモを取りながら、9月に行われる基礎力診断テストに向けた計画を立てていました。

手帳指導① 手帳指導②

 今回の講演をきっかけに、学ぶことの大切さに気付き、計画的に勉強が進められるようになることを期待します。

0

1学年自転車安全講習会

 7/12(月)に1学年を対象とした自転車安全講習会を実施しました。本校の生徒は自転車で通学する生徒が多く、「安全な登校を意識させること」をねらいとして行いました。ビデオで自転車のマナーやルールに関する知識をインプットさせたり、交通安全に関するクイズで理解を深めさせたりしました。そして生徒指導主任の能㔟教諭から、本校周辺での自転車の乗り方についてGoogleのストリートビューを用いて指導がされました。

自転車安全講習会① 自転車安全講習会②

 生徒から「何がルール違反なのか気づけた。」「身近な事故が意外と多くて驚いた。気をつけて登校したい。」という声があがりました。今回学んだ「ルールを守ることが自分の安全につながる」ことを常に考え、安心・安全な学校生活を送るよう、教職員総がかりで指導してまいります。

0

2学年「ビブリオPitchトーク」

7月12日月曜日、2学年では、「ビブリオPitchトーク」を行いました。

「ビブリオPitchトーク」とは、各自が読んだ本を、短い時間で紹介するプレゼンです。
今回のテーマは「自分の課題についての本」でした。
難しいテーマにも関わらず、生徒は本を選び、読み、しっかりとトークの準備をしてきました。
昨年度から、続けている「Pitchトーク」のスタイルも、皆慣れてきたようです。
数人のグループでグループチャンプを決め、各グループチャンプが教卓の前に出てクラスチャンプ決定戦を行いました。紹介の仕方もどの生徒も上手になり、身振り手振りを交えながらのプレゼンをするなど、成長のあとが見られました。

2学期の「ビブリオPitchトーク」のテーマは、「社会の課題について」です。

0

第1回 Hatsukari⭐︎Mirai PONTE 幼児教育・保育分野 淑徳大学様による講演

 川越初雁高校にはいろんな夢を持った生徒が入学します。 人それぞれ夢が違うからこそ、生徒一人一人の夢の実現を応援したい、夢を見つけてほしい、そんな思いで進路指導部は様々な企画を立てています。

 本年度から生徒の夢や未来の架け橋になるような機会を作ろうと、Hatsukari⭐︎Mirai PONTEという企画をスタートさせました。ちなみにPonteとはイタリア語で架け橋を意味し ます。Hatsukari⭐︎Mirai PONTEでは川越初雁高校生だけの校内進路説明会などを行います。

 7/8に行われた第1回Hatsukari⭐︎Mirai PONTEの様子をお伝えします。幼稚園教諭や保育士を目指す生徒のために淑徳大学から立木正一先生をお招きし、説明会を行いました。一年生が5名、二年生が9名の14名が熱心にメモを取りながら、自分の将来に必要な情報に耳を傾けていました。

 「保育園や幼稚園の違いとは?実際に働く時に知っておかねばならないことは?教育者として身につけておきたいこととは?」梅雨のジメジメした湿気を吹き飛ばすような、熱く力強い講義とメッセージを参加した川越初雁生に送っていただきました。

 川越初雁生にはコロナ禍で進路選択の情報をなかなか得にくい状況の中で、こうした機会を早期から活用していってほしいと思います。

第1回Hatsukari Mirai Ponte① 第1回Hatsukari Mirai Ponte②

0
令和2年度 初雁だより

令和2年度 初雁だより

令和2年度修了式

 3/24(水)に修了式を行いました。新型コロナ感染拡大防止対策に十分留意して実施しました。

修了式

校長からは、①叱られるということは『期待されている」ということ ②やった方がいいこと、気づいたことに取り組む ③新型コロナ感染拡大防止を徹底し、安全に過ごす、というお話がありました。

校長のお話

生徒指導主任からは、①節目を大切に ②1年間を通して良かったこと、悪かったこと、来年度からのこと ③「イジルナー(命、人権、ルール、マナー)」を大切にすること というお話がありました。

生徒指導主任のお話

進路指導主事からは、①『10年間』 ②『生き生きと』 というお話ありました。

進路指導主任のお話

 生徒は、顔をしっかりと上げ今年度を振り返ったり来年度への期待に満ちた表情をしていました。コロナ禍で学校行事等、様々な制限がある中、それを感じさせないほどの活気のある生徒たちでした。来年度、さらなる成長を期待するとともに、教職員総がかりで指導・支援してまいります。

 最後に、春休み中の事故等には気をつけましょう。遊ぶことも大切ですが、しっかりと勉強もしましょう。4月8日(木)が始業式となります。欠席・遅刻せず登校しましょう。

令和3年度入学許可候補者説明会

 3/17(水)に令和3年度入学許可候補者説明会を実施しました。新型コロナウイルス感染予防対策に十分に留意して実施しました。説明会が始まる前には、教科書や体育着などの物品購入を行いました。

物品購入① 物品購入②

 候補者説明会では、教頭、教務主任、生徒指導主任、進路指導主事、養護教諭、事務担当、学年主任からのお祝いとともに、入学許可候補者が「これから川越初雁高校生になるんだ」という自覚を持てるよう、各分掌の視点から話がされました。候補者は保護者とともに真剣に話を聞き、4月から始まる新たな学校生活への期待に満ちた表情をしていました。

 教頭の話 候補者説明会

 新入生が安心・安全に高校生活を送れるよう、また、生徒一人ひとりの個性や良さを伸ばせるよう、教職員総がかりで指導・支援してまいります。

第36回卒業証書授与式

 3/10(水)に、新型コロナ感染拡大防止に関する国及び県の通知に基づき、卒業生・教職員・保護者(各家族1名まで)で卒業証書授与式が行われました。卒業生の門出をお祝いし、厳かな雰囲気で気持ちが引き締まる素晴らしい卒業証書授与式となりました。「卒業証書授与」では、卒業生1人1人が担任の呼名に対し、3年間の思いや感謝の気持ち、これからの決意や覚悟を込めて返事をしました。

 「校長式辞」では、卒業生へのお祝いの言葉がありました。「PTA会長祝辞」はPTA会長様から保護者や地域の方々の代表としてあたたかい御祝いのお言葉をいただきました。「在校生送辞」には、卒業生への感謝や憧れの思いが込められていました。「卒業生答辞」は高校生活の思い出と今後の抱負などを交え、これから別々の道に進む友人たちへのエールと、後輩たちへの励まし、保護者の皆様への感謝の思いが語られました。「校歌斉唱」では、会場に1番から3番までの全編が放送で流れる中、最後の校歌に3年間の思いを馳せ、今後への希望に満ちた目をしている一方で、どこか寂しさも感じられました。凛とした表情で巣立って行く卒業生と教職員の温かい拍手の中、第36回卒業証書授与式が幕を閉じました。

卒業証書授与式開式 卒業証書授与①

卒業証書授与② 卒業証書授与③

卒業証書授与④ 生徒表彰①

生徒表彰② 在校生送辞

卒業生答辞 卒業生の門出

平成30年4月に入学した第36期生は個々の能力を存分に伸ばし、学校生活の様々な場面で力を発揮してくれました。彼らの成長は、クラスメイト・部活の仲間、そして何よりも保護者の方々・地域の方々の御理解や御協力、御支援があってのものです。心より感謝いたします。卒業生の皆さん、御卒業おめでとうございます。皆さんの今後の御活躍を職員一同心より願っております。

令和2年度 三送会

3/4(木)に三送会を行いました。

三送会開催

椅子と椅子との間隔をあけたり、1・2年生はリモートで教室に中継するなど

新型コロナ感染拡大防止対策に十分に留意して実施しました。

①有志ステージ

②各部活動からのメッセージビデオ、

③教員バンド

④お世話になった先生方からのビデオレター、

⑤3学年教員ステージ

の演目で3年生の卒業を祝いました。

教員バンドステージ 有志ステージ

3学年教員ステージ① 3学年教員ステージ②

3年生も終始笑顔で三送会を楽しんでいました。

思い出として、いつまでも心に残るような三送会でした。

1学年 キャリアセミナー

1月21日、1学年では、キャリアセミナーとして、埼玉りそな銀行川越南支店の皆様による、講話とワークショップを行いました。

5時間目に、川越南支店長の村田様から「地域経済と仕事」についての講話をいただき、6時間目には、店員の皆様から各クラス個別のワークショップ「お金と仕事のリアルを知ろう」を開催していただきました。

新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、どちらも教室にて、オンライン配信の形で行いました。

村田様の講話は、地元川越の経済などを知ることができました。「働くことは、誰かを幸せにしている」という言葉で締めくくられました。

店員の方々のワークショップは双方向通信で行われ、生徒の発言も聞いていただきました。「楽しいワークショップだった。お金のリアル・仕事のリアルを知ることができてよかった」などの感想がありました。

 

3学年 着こなしセミナー

1/21(木)に株式会社コナカの多久様にお越しいただき、スーツの着こなしセミナーを実施しました。

換気や1mの距離をあけるなどの感染予防対策に留意して行いました。

なかなか教わる機会が少ないスーツの着こなし方は社会人・大学生にとって大変重要なマナーです。

今回のセミナーは正しいスーツの着方を学ぶことができ、生徒にとって大変有意義なセミナーでした。

3年生からは

「服装は正しく着るからこそかっこよく見えると感じた。正しい着方を学べてよかった。」

「スーツを正しく着こなし、スーツが似合う人になりたい。」

などの感想がありました。

着こなしセミナー① 着こなしセミナー②

PEACE ORIZURU

 12月17日、1年生のLHRの時間に、東京2020組織委員会が主催する「PEACE ORIZURU」事業に参加する目的で、折り鶴の作成をしました。川越市オリンピック大会室からいただいた専用の折り紙などを用いて、合計1000羽を越える折り鶴を作りました。

 折り鶴を作るのが初めての生徒もいて、川越市のホームページに張られた作り方の動画を見ながら、苦戦しながらも折っていました。

 今回は、折り鶴を並べて文字を作ろう、ということで、折り鶴を糸でつなげて、「雁」の字を作成しました。「雁」は川越市の「市の鳥」でもあり、また、本校の名前にもなっている文字です。

 折り鶴1枚1枚には、平和への願い(オリンピック休戦)なども書き込みました。

 折り鶴は、川越市の「オリンピック大会室」へ納入しました。今後は、東京2020大会期間中の装飾に使っていただける予定だそうです。

 

 

 

 

令和2年度 第4回学校説明会

1/16(土)に第4回学校説明会を開催しました。

予定していた授業公開の中止や説明会の規模を縮小・分散させるなど

感染予防対策に十分に留意して実施しました。

各説明会の会場 入試説明会

学校説明会の内容は以下のとおりです。

①校長挨拶、②川越初雁高校の紹介スライド、③入試説明会

④数学・英語入試対策講座、⑤面接対策講座

校長あいさつ 面接対策講座

また、文化系の各部活動に作品や写真を展示してもらい、来校された方に文化部の活動をみてもらいました。

文化部も運動部に負けない活気で溢れています。

吹奏楽部の演奏の映像と書道部の作品 調理部のレシピ本

茶道部・理科部の活動写真 出版局が発行したはつかりっ子

説明会に来ていただいた方からは

「説明がとても分かりやすかった。来てよかったです。」

「対策講座がとてもわかりやすかった。」

などの感想が寄せられました。

令和2年度 芸術鑑賞会

1/14(木)に本校の体育館で芸術鑑賞会を開催しました。

間隔を十分にあけたり、5限に分校の生徒さんと本校の1年生、6限に本校の2・3年生に分散するなど

感染予防対策に十分に留意して行いました。

芸術鑑賞会開会

今年度は「THE SOULMATICS」様によるゴスペルの鑑賞会を行いました。

アンコールを含む全9曲を披露していただきました。

THE SOULMATICS 様の演奏① THE SOULMATICS様の演奏②

1曲目の『Amazing grace』からその歌声に会場は引き込まれました。

全9曲すべてが素晴らしく、心が躍ったり胸が熱くなったりしました。

『Lion King Medley』のときには、全生徒が立ち上がって手拍子をすることで一緒に歌に参加し、

目で、耳で、体全体で音楽を楽しみました。

手拍子で参加する様子① 手拍子で参加する様子②

また、THE SOULMATICS様のオリジナル曲「アキラメナイメロディー」では

その歌声、歌詞に感動し、涙を流す生徒もいました。

THE SOULMATICS様の演奏③ THE SOULMATICS様の演奏④

 素晴らしい音楽に音楽に触れた生徒は

「感動した。困ったときは音楽を聴いて乗り越えたい。」

「音楽って本当にすごい力を持っているんだと感じた。」

などの声があがりました。

ライフスキル講演会

1/8(金)にライフスキル講演会を行いました。

1・2年生は体育館、3年生はリモートで柔道場で

密になることを防ぎながら行いました。

講師としてスポーツドクターの辻秀一先生にお越しいただきました。

辻先生は「スラムダンク勝利学」の著者であり、プロサッカー選手の堂安律選手をはじめ、

様々なプロスポーツ選手やチームなどのトップアスリートのメンタルトレーニングを行っています。

今回の講演会は「人生必勝法『ごきげん』~ストレスの乗り越え方~」というテーマで、

QOL(生活の質)を上げるための「考え方や行動の仕方」について講話をいただきました。

辻先生の講演会①

生徒は自身の生活と当てはめながら、真剣な表情で熱心に話を聞いていました。

辻先生の

「過去や未来ではなく『今を生きる』。」

「不機嫌よりも『ごきげん』の価値をあげる。」

「目標だけでなく『目的』を考える。」

などの様々な言葉に生徒は感銘を受けていました。

 辻先生の講演会②

生徒からは

「自分で自分の機嫌をとることを意識したい。」

「ごきげんなときの方が良いことがたくさんあると改めて気づけた。良いことを考えるくせをつけたい。」

「目標ばかりでなく『目的』を持って一つ一つ行動する。」

などの声があがりました。

また、3年生だけでなく1年生や2年生からも多くの質問があり、

辻先生から「素晴らしい質問だ」と褒められていました。

 用紙一面のメモ 生徒からの質問

生徒も教員も非常に熱心に拝聴していました。

今回の講演で自分自身で心を『ごきげん』にしようと表情が前向きになった生徒が多くみられました。